ワークショップ

「幸福について考えるワークショップ」

ワークショップの趣旨

 岩手県では、次期総合計画の策定にあたり、物質的な豊かさだけでなく、岩手が持つ「多様な豊かさ」や「つながりの価値」などにも着目し、計画策定の重要なテーマの1つを「幸福」としていくこととしています。
 本ワークショップは、自らの「幸福」について考え、身近な人や地域の「幸福」について意識する機会とするため、県民参加の取組の一つとして各地で開催するものです。

幸福宣言

 自分や周りの人の幸福度を高めるために「今日からできそうなこと」や「できたら面白そうなこと」など、ワークショップの内容を踏まえて、参加者の皆様に書いていただくものです。

盛岡地区

今後掲載予定です。

県南地区

第1回県南地区幸福について考えるワークショップ
日時・場所

平成29年12月13日(水) 奥州地区合同庁舎分庁舎大会議室

参加された方の幸福宣言(抜粋)
  • 私は、友人・家族の幸福を高めるために岩手のおいしい料理を紹介します
  • 私は、家族と地域の幸福を高めるために子供に地元の良さを伝えます
  • 私は、自分と友人の幸福を高めるためにもっと地元の企業やお店を利用します
  • 私は、飲食店主の幸福を高めるために地元で飲み会をします

※その他の幸福宣言はこちら(PDF 79KB)

ワークショップの班ごとに幸福宣言を掲げて記念撮影

ワークショップで出された主な意見
  • 岩手県民はまじめすぎで働きすぎな面がある。働き方を考えていくべき。
  • 岩手には観光や歴史文化、豊富な食材など優れた点がたくさんあるが、PRが不足している。それらを掛け合わせたPRをしていけばいいのではないか。
  • 最近、岩手ではスポーツが盛んになってきているので、プロスポーツチームと教育現場とのコラボなど、活性化を図っていけばいいのではないか。
  • 岩手は車社会だが、「歩く」ことで地元の飲食店など新たな発見があるのではないか。健康にもつながる。

沿岸地区

今後掲載予定です。

県北地区

第1回県北地区幸福について考えるワークショップ
日時・場所

平成29年12月26日(火) 久慈地区合同庁舎 5階第3会議室

参加された方の幸福宣言(抜粋)
  • 私は、私の幸福を高めるためにお金になる農業をします
  • 私は、自分の幸福を高めるために休暇を取り旅行に行きます
  • 私は、私の幸福を高めるためにペットとあそぶ時間を増やします
  • 私は、私の幸福を高めるために時間を有効に使い趣味の時間をつくります

※本ワークショップにおける幸福宣言の一覧はこちら(PDF 70KB)

  • 幸福カルテによる自己分析
  • グループワークの様子
  • 参加者全員の幸福宣言

幸福カルテ

 ワークショップでは、自分自身の幸福を簡便に「見える化」し、議論のきっかけとするため、幸福カルテを使用しています。
 幸福のカルテは、「岩手の幸福に関する指標」研究会において、ワークショップの際に議論のきっかけとするためのツールとして作成されました。(「岩手の幸福に関する指標」研究会について
 カルテを使用することにより、あなたが重視している(していない)領域と満足している(していない)領域等のギャップが一目でわかります。
 皆さんも幸福カルテを活用し、自分自身の幸福について考えてみてはいかがでしょうか。